Author Archives: pokemon

海外挙式VS国内挙式 どちらがお得なの?

 

折角挙式を挙げるなら一生の思い出にしたいと思う人は多いですが、国内のリゾート婚と海外挙式のどちらを選ぶのがいいのか、どちらがコスパが高いのかを知りたいですよね。今回は挙式はどちらが良いのかをリサーチしました。

 

まずは、海外挙式から。

 

海外挙式をするにあたっての必要な経費は、渡航費、挙式料、衣装費用、ヘアメイク費用、牧師手配費用、フラワー費用、写真撮影費用、リムジン費用などなどです。

 

さてそうなると気になる費用の方は、大体100万円~200万となっています。これは渡航費も入ってのお値段なので、実は海外挙式の方が安く済むんですね。また、二人だけの挙式にするのか、家族親族も入れるのかで変わりますが、親族などを入れた場合には、大体1.5倍~2倍くらいまで変動します。海外の挙式の場合、招待客は殆どの場合が身内のみが一般的です。

 

海外挙式を挙げる場所として特に人気なのが、「ハワイ」です。もうぶっちぎりと言っても良いでしょう。時点にグアムが来ます。その理由として日本人観光客も非常に多いため、異国の地でありながら日本にいるような快適さと海の綺麗な情景が臨め、リゾート地としても非常に優秀な場所だからですね。挙式をハワイでと思う芸能人も多く、一般の人たちもこの場所を望んでいることが多いようです。

 

次に国内挙式ですが、近隣のチャペルを使うか、リゾート地を利用した挙式をするのかで変わってきますが、全体の費用として、200万円程度となります。海外挙式よりも負担が増えるのは、気軽に友人などを招待しやすくなるので、その分の負担が増えるためです。どこまでおもてなしの費用を算出するかで、負担金は変わってきますが、現状海外挙式の方が安く済むということは抑えたほうが良いでしょう。

 

国内挙式ので人気は、沖縄と北海道と軽井沢ですね。これは前回も紹介したので、ご覧ください。

リゾート婚の人気スポットは、北海道?沖縄?軽井沢?

 

ぶっちぎりとまではいきませんが、沖縄が一歩リードを取っています。やはりリゾート地というのは非常に大きく、沖縄も東京から飛行機で約3時間程度なので、それほど負担になるということはありません。ただ沖縄はほぼ海外挙式と同列でみなされるため、招待客は数人程度とみるのが一般的です。

 

総合的には、2人でやるのか、家族親族だけか、友人を呼ぶのかで場所がほぼ確定しそうですね。友人を選ぶのであれば、できるだけ近隣でおもてなしの費用を少し下げると丁度良く、親族だけであれば思い切って海外挙式が良いのかなと思います。

相性の合うパートナーを婚活パーティーで効率よく探す方法

 

婚活パーティでは最初にプロフィールカードなどが配られる場合が多く、これは相手の情報を文字として認識することによって、関係を築きやすくするためですが、本当に重要なのはお互いのフィーリングが合うかどうかです。しかし、このフィーリングというのは感覚的なものなので、どこを物差しにしていけば分かりませんよね。今回をそうした感覚的なものを出来るだけ文章にしてみます。

 

ファーストインプレッションはそれほど間違っていない

 

人というのは、人を見た時に好きな顔、好きではない顔と好みが分かれますが、基本的にその感覚はずれていません。というのは、本能的に人間というのは、自分の子孫を増やしたいという遺伝が備わっており、それは子孫を増やすのに確率の高い人間を選ぶようになっているため、最初に「あっこの人好きな人だな」と感じるのは、それほど間違っていません。ですので、ファーストインプレッションで良かった人というのは、もう一度話をするようにしましょう

 

自分にはないものを持っている人を探せ!

 

基本的に自分とは対照的な性格の人というのは、同じ趣味を持つ人よりも成婚率も高く、離婚率も低いです。それは何故か。子供が出来た時に相手が持っているものと、自分が持っているものを役割分担できるからです。あまり冒険したくない「無難な人」で選んでしまうと、思ったよりも自分とは合っていなかったというケースがあり得ます。

 

全く合わない人では困りますが、女性であれば自分をリードしてくれそうな男性を選ぶと良いでしょう。例えば仕事は事務員で接客業は一応仕事として行えるが、仕事が終わったら家でゆっくりしたい人という設定であれば、男性は、自分を連れ出してどこかへ連れて行ってくれる人が良いです。

 

逆に男性自身でどこかへ行ってしまう人はあまり合いません。あくまで自分を大切に想っていてくれて、正反対の人という考え方です。

 

誰とでも八方美人に付き合える人は避ける

 

基本的に八方美人タイプは、婚活パーティーで相手を探す必要はありません。何故なら異性の友人も沢山いるわけなので、あー話上手いなという人は少し様子を見たほうが良いかもしれません。

 

逆に不器用だけど、素直に話す人というのは好印象です。そうした相手にはどんどん聞いて情報を掘り下げていきましょう。人に歴史ありではないですが、婚活する世代ということは、数十年生きているわけなので、それはその人なりにストーリーがあります。

 

話してみて印象が変わったということもあり、これは良いパターンにも悪いパターンにも転びますので、目星をつけるときには、色々な人に話を合わせられる人というのはちょっと一回待って、素直な人を選んでいきましょう。

押して駄目なら引いてみる

 

アタックしまくって、とりあえずで進めてみるというのは婚活パーティでは基本の戦略ですが、しばらくたったころに、連絡先を交換しているのであれば、連絡をしてみると意外とうまくいくケースも多いんですよね。これは相手も同じように色々な人と連絡などをしているため、時間がたったあとに他の人と比較して、実は気が合っていたということがあるからなんです。だから一旦押したら、引いてみることをしても良いかもしれませんね。

シングルマザーが育児と仕事を両立する方法

 

シングルマザーは基本的に金銭面と精神面の負担がとても大きく、日々なんとかして生きているといった人が多いです。だからシンママの風俗で働いている率は非常に高いです。短時間でお金になるので、それで生活費の足しにする人が多いんですね。こうした苦労人のシングルマザーに向けて育児と仕事を両立する方法があるのかを探ってみました。

 

Continue reading

合コン参加したことない人に向けて、合コンのプロがアドバイスするよ

 

「合コン」なんと甘美な響きなのかと思っている人も多いかもしれません。合コンは参加する人は非常に多くの参加経験を持っていることも多く、逆に参加したことのない人も多く、差が非常に開きやすいものです。合コンに参加したことのない人は、一体どうやって参加するのかも分からない…今回はそんな人に向けて、普段沖縄限定ですが、那覇コンでやっているいわば合コンのプロですので、そこから気づいたことをご紹介していきます。

 

合コンは友達関連で開かれることが殆ど

 

基本的に合コンは友達経由で行われることが殆どです。合コンを開催する友人がその周りの人たちを集めて会を各々開催するわけです。そしてそうした人たちは、共通して人柄の特徴があります。それは「各種イベントに良く出向く人、目上・目下色々な人と話す人、異性とよく話している人」ですね。

 

同じ立場や同じグループとして話すのが普通ですが、その橋渡し役になる人というのは、基本的に目上だろうが目下だろうが関係なく話します。

 

またイベントに参加すると、色々な人と仲良くなるケースが多く、そうした人と「今度合コンでも~」などのような話になりやすいのです。また異性と友人関係を作れる人というのも非常に強いです。

 

普通は異性と話すと恋愛を意識してしまうのではないかと思うかもしれませんが、こうした合コンを開く人というのは異性慣れをしているので、特に意識はしません。また全体的に誰とでも相槌を打てる八方美人タイプでもあるところが特徴です。だからそういった友達を探すところからスタートになりますね。

 

合コンをやる友達の見つけ方

 

でもそんな友人はいないよ!と思うかもしれません。

 

ひと昔前では、上司のツテとか同僚に頼み込むとか方法だったのですが、最近では、SNSや合コンセッティングサービスが主流です。コンパde恋プランなんかが有名なサービスですね。

 

こうしたサービスもありますし、友人を探すのには最近ではSNSを活用することでそれほど難しくはなくなりました。SNSで有効なのは、ツイッターやフェイスブックなどですね。

 

ツイッターの場合、分かりやすいようにハッシュタグで「#合コン希望」と書くと良いでしょう。ある程度あなたの情報は必要ですし、どんな人を希望しているのかを概要欄的に書くと尚集まりが良いと思います。まずは同性を集めてみましょう。その方がやりやすいはずです。またそうした合コンを普段からやっている方のところを覗いて、もし良かったら参加させてもらえませんか?の一言でも良いですね

 

これは1対1ですので、直接異性にアタックするのも有効な手段です。 また合コン募集掲示板などのものもありますので、地域で探してみると良いです。

 

街コンを利用するのはアリ?

 

自分で探すことが難しいようであれば、街コンサービスを利用するのも一つの手です。最近では街コンも少しブームが去りましたが、まだまだこうした自分で探すことが難しい人向けに向けて手軽な出会いを提供しているところもあります。

 

街コンを探すのであれば、街コンジャパンやオミカレのような全国規模の婚活ポータルサイトが有効ですね。特にオミカレはカレンダー形式になっていて、自分の好きな日程に合わせて、イベントに参加出来るので非常に人気があります。

 

気軽に参加する気概が大事

 

合コンと聞くと、何故か非常に身構えてしまうケースが多いですが、要は「飲み会」なんですよ。飲み会と聞くと殆どの人が受け入れられるのですが、これが言葉が変わって合コンに変わると非常にハードルが上がるわけなんです。

 

勿論、飲み会といっても異性を用意しての出会い中心の会ですから、ただの飲み会ではないことは確かですが、最初は気軽に参加して、その時間を楽しむということが大事ですね。慣れてきたら、服装や会話などの練習をすれば良いと思います。結構皆さん合コン参加するときに予習をして、尻込みすることが多いというかそんな感じがするので、少しその辺を改めて、今日は行ってみようかなというような感じで参加されると良いです。

沖縄婚活者に向けての5つのアドバイス

 

沖縄での婚活は他県と比べて少しやりづらいのが現状で、その理由は早期に結婚しているパターンと婚活サービスが他県に比べて少ないということ。また離島なども多いため、中々本島での婚活にも手を出しづらいということですね。

 

若い子達はクラブに行くことも多いのですが、ある程度の年齢になると婚活に少し身を乗り出していかなければいけないのも事実です。そこで沖縄での婚活をしていくうえでの注意点をアドバイスを含めてご紹介します。

Continue reading

沖縄移住者が出会いの糸口を探す方法

 

沖縄は観光客は多いですが、毎年少しずつ移住者が増えています。こうした沖縄移住者の殆どが「綺麗な海で囲まれて生活したい」「都心の日々に疲れた…」など、沖縄という土地への強い憧れがあるようです。また一度転勤をして沖縄が好きになって移住をという人もいるようですね。

Continue reading

【完全網羅】沖縄全てのお見合いパーティー・イベント口コミまとめ

 

沖縄には約10の婚活パーティーを開催しているパーティー業者がありますが、現状稼働している業者は6つとなります。また開催場所は那覇市と沖縄市に限られていて、那覇市が殆どの開催場所を占めます。それではまとめてみていきましょう。

【全国展開業者】

 エクシオ

 シャンクレール

 街コンMAP

【沖縄専門業者】

 ブラボー沖縄

 那覇コン

 婚活サポートおきなわ

 

Continue reading